エチオピアのコーヒー豆:スペシャルティコーヒー辞典/コーヒー豆通販Blackhole Coffee Roaster


スペシャルティコーヒー辞典



 

スペシャルティコーヒー辞典:エチオピアのコーヒー


エチオピアの国旗


世界中で愛飲されているアラビカコーヒーですが、そのルーツはアフリカのエチオピアにあります。エチオピアに自生していたコーヒーノキ(アラビカ種)が紅海対岸のイエメンに持ち込まれ、世界最初のコーヒー栽培がはじまりました。現在でもエチオピアには野生種のコーヒーノキが自生しているそうです。

 

魅惑のエチオピア・モカ


モカコーヒーという言葉があります。歴史上最も古いコーヒーのブランドと言っても差し支えがないと思いますが、モカコーヒーは、エチオピアとイエメンで栽培されたコーヒーのことです。

かつて、エチオピアやイエメンのコーヒーは、イエメンにあったモカ港から世界中に輸出されていたため、エチオピアとイエメンのコーヒーをモカコーヒーと呼ぶようになりました。モカコーヒーの持つ独特のモカ・フレーバーは、世界中のコーヒー愛好家を虜にしてきました。

特にエチオピア・モカは、ベリー、芳醇なワイン、スパイスを感じさせる気品のある芳香に加えて、明るい酸味や優れたコクを持ち、現在のスペシャルティコーヒーを語る上で、欠かすことのできないコーヒーになっています。
 

高品質なコーヒーで名高いイルガチェフェ地区


エチオピアのコーヒーの中で、特に注目されているのがイルガチェフェ(Yirgacheffe イルガチェッフェ、イルガチェフ、イルガチェフィー…)地区のコーヒーです。
 


標高2000mを超えるイルガチェフェ地区で栽培されるコーヒーは、エチオピア産のコーヒーの中でも特に高品質であるとの呼び声が高く、人気があります。


Blackhole Coffee Roasterで販売しているエチオピアのコーヒーも、このイルガチェフェ地区のコーヒーです。ベリー系のジャムのような甘い香りと、シトラス系の爽やかな酸味を併せ持つコーヒーです(エチオピア イルガチェフェ チェレレクトG1)。一度飲んだらヤミツキになる、魔法のコーヒーです。
 


豆の選び方・オススメの飲み方


エチオピア、特にイルガチェフェは流行りなので、多くのカフェや自家焙煎店で扱っています。

「イルガチェフェの中のどの地区なのか」とか「精製方法は何なのか」とか、いくつか注目するポイントはありますが、特に注目したいのは焙煎度です。


独特のモカフレーバーを存分に楽しむために、浅煎り〜中煎りくらいまでの豆を選ぶことをオススメします。もちろん、深煎りでも魅力的なコーヒーに仕上げているお店もありますが、このコーヒーが持つ魅力を直接的に知るために、まずは浅めの焙煎をしているお店の豆を試してみるのが良いと思います。瑞々しいコーヒーの魅力を堪能できます。


焙煎豆を挽いてコーヒーを抽出しているときから、フルーティーな香りが漂います。飲む前から楽しめるコーヒーです。


素晴らしい酸味が主役です。この酸味や風味を味わうために、まずはミルクや砂糖はいれず、ストレートで飲むのがオススメです。冷めてくると酸が強く感じるようになるので、きついと感じる方は、砂糖を入れても良いかもしれません。
 

まとめ


エチオピアのコーヒーは、風味特性を強く醸し出す、スペシャルティコーヒーの代表格であり、多くのカフェや自家焙煎豆の店でメニューに乗せている大人気のコーヒーです。お店ごとの個性がでるコーヒーでもあるので、初めてのお店では、まずはエチオピアを…という楽しみ方も面白いです。


まだ飲んだことが無いという方は、ぜひお試しください。